ミギムキ

[WordPress] hreflangタグのURLをプラグインなしで自動設定したい

hreflang設定例

前提条件

サンプルコード

<?php $lang_list = [ ['ja', '/'], ['en', '/en/'], ['zh-Hans', '/cn/'], ['x-default', '/en/'], ]; $base_url = (empty($_SERVER['HTTPS']) ? 'http://' : 'https://') . $_SERVER['HTTP_HOST']; $current_url = $base_url . $_SERVER["REQUEST_URI"]; $home_url = esc_url(home_url('/')); $page_url = str_replace($home_url, '', $current_url); foreach($lang_list as $lang) { $url = $base_url . $lang[1] . $page_url; echo '<link rel="alternate" hreflang="'. $lang[0] .'" href="'. $url .'">' . "\n"; } ?>
スポンサー広告

サンプルコードの解説

設置した各サイトの言語コードとディレクトリを配列にまとめる

$lang_list = [ ['ja', '/'], ['en', '/en/'], ['zh-Hans', '/cn/'], ['x-default', '/en/'], ];
  • 多次元配列の「$lang_list」に、設置した各言語の情報を格納します
  • 配列の1つ目(1列目)には、その言語の言語コードを記載します。言語コードは国別コードと混同してしまいがちですが、国によっては言語コードと国別コードが異なる場合があるので注意してください(例:日本は、言語コードが「ja」で国別コードが「jp」)
  • hreflangで指定する言語コードを以下に例示します。下記以外の言語コードについては、こちらを参照
  • 中国語は簡体字と繁体字で指定を分ける必要があります。詳細はGoogleのドキュメントを参照ください
日本語
ja
英語
en
中国語(簡体字)
zh-Hant
中国語(繁体字)
zh-Hans
韓国語
ko
ドイツ語
de
フランス語
fr
イタリア語
it
ロシア語
ru
インドネシア語
id
ベトナム語
vi
ヒンディー語
hi
  • 配列の2つ目(2列目)には、その言語サイトを設置したディレクトリを記載します
  • サンプルコードでは、英語のサイトを「https://migi.me/en/」に置いているため、「/en/」としています
  • 日本語のサイトを「https://migi.me/」に置いている(サブディレクトリではなく、ドメイン直下)ため、「/」としています
  • 「x-default」は、用意した各言語以外の言語によるアクセスがあった場合に参照してもらうサイトを設定します。サンプルコードでは英語サイトである「/en/」を指定しています

ページURLを取得するための変換処理

$base_url = (empty($_SERVER['HTTPS']) ? 'http://' : 'https://') . $_SERVER['HTTP_HOST']; $current_url = $base_url . $_SERVER["REQUEST_URI"]; $home_url = esc_url(home_url('/')); $page_url = str_replace($home_url, '', $current_url);
  • あれこれとURLの取得や変換を行っています。どの言語のどのページにアクセスされても、各言語のディレクトリ付きURLを出力するためのあれこれとなります
  • 「$_SERVER["REQUEST_URI"]」に言語を表すサブディレクトリ(例:/en/)が含まれてしまっているので、それを除外したページのURL(=$page_url)を取り出しています
  • 例えば、「https://migi.me/en/company/」というページであれば、各変数の内容は以下のようになります
    • $base_url:https://migi.me
    • $current_url:https://migi.me/en/company/
    • $home_url:https://migi.me/en/
    • $page_url:company/
  • 「$base_url」と「$page_url」、先の配列に入れたサブディレクトリ名を合体して各言語ごとのURLを作成します

hreflangタグの出力

foreach($lang_list as $lang) { $url = $base_url . $lang[1] . $page_url; echo '<link rel="alternate" hreflang="'. $lang[0] .'" href="'. $url .'">' . "\n"; }
  • hreflangタグを出力する処理です
  • 先の配列をforeachループで回しつつ、タグをechoで吐き出します

多言語化していないページがある場合

<?php $exclude_page_list = [ 'xxx', 'yyy', 'zzz', ]; if(!is_page($exclude_page_list) && !is_singular('post') && !is_category()) { $lang_list = [ ['ja', '/'], ['en', '/en/'], ['zh-Hans', '/cn/'], ['x-default', '/en/'], ]; $base_url = (empty($_SERVER['HTTPS']) ? 'http://' : 'https://') . $_SERVER['HTTP_HOST']; $current_url = $base_url . $_SERVER["REQUEST_URI"]; $home_url = esc_url(home_url('/')); $page_url = str_replace($home_url, '', $current_url); foreach($lang_list as $lang) { $url = $base_url . $lang[1] . $page_url; echo '<link rel="alternate" hreflang="'. $lang[0] .'" href="'. $url .'">' . "\n"; } } ?>
スポンサー広告

言語によってページのありなしがある場合 ※非推奨

<?php $lang_list = [ ['ja', '/'], ['en', '/en/'], ['zh-Hans', '/cn/'], ['x-default', '/en/'], ]; $base_url = (empty($_SERVER['HTTPS']) ? 'http://' : 'https://') . $_SERVER['HTTP_HOST']; $current_url = $base_url . $_SERVER["REQUEST_URI"]; $home_url = esc_url(home_url('/')); $page_url = str_replace($home_url, '', $current_url); foreach($lang_list as $lang) { $url = $base_url . $lang[1] . $page_url; $ch = curl_init($url); curl_setopt($ch, CURLOPT_HEADER, true); curl_setopt($ch, CURLOPT_NOBODY, true); curl_exec($ch); // ステータスが200か判定 if(curl_getinfo($ch, CURLINFO_RESPONSE_CODE) == 200) { $link_list[] = '<link rel="alternate" hreflang="'. $lang[0] .'" href="'. $url .'">' . "\n"; } curl_close($ch); } // URLが2つ以上有効ならタグを出力 if(count($link_list) > 1) { foreach($link_list as $link) { echo $link; } } ?>

ご質問など受け付けています

記事の中でわかりにくかったところ、もっと知りたかったこと、間違っていることなど、何でもお気軽にご連絡ください。

ご連絡は下記フォームを利用いただくか、ツイッターアカウント@flat8migi宛てでもOKです。

スポンサー広告